自信をつけるための成長日記

ナオキブログ

生活 自己分析

僕のモチベーションの上がり下がりはどんな時か

更新日:

このことについて書く目的は、僕のモチベーションがどんなときに上がり、どんなときに下がるのかを深く考えることで、自分自身をもっとコントロールできるようになると考えたからです。

項目は以下のとおりです。

  • モチベーションが下がる時・イラッとする時
  • モチベーションが上がる時・やってよかったと感じる時

深く考えるために、自分自身に質問を投げかけながら進めていきます。
それでは、順に見ていきます。

モチベーションが下がる時・イラッとする時

僕がイラッとしてモチベーションが下がるときは、人と話しているときに相手が価値観を無理に押し付けてくるときです。簡単にいうと超自己中心的な人です。

簡単に例を出すと、休学を全否定してきた人、喫煙を正当化してくる人です。

休学の場合、全否定してきた人は、とりあえず、社会に出て、就職をしたほうがいいという意見でした。
しかし、僕の意見としては、やりたいことが明確に見つからないまま「とりあえず就職」ということが嫌でした。もちろん、休学前に将来の自分自身が納得のいく行動や、生活を送ってこなかったことが悪いのですが、その過去があったからこそ「自分を変えたい」という気持ちが湧いてきたと考えています。

なぜ、イラッとするのか。

それは、自分の気持ちに土足で踏み込まれたような感じを受けるからです。また、あまり根拠もなく否定されると不愉快だからです。

どう対処する?

自己中心的な人は視野が狭く、選択肢が少ないということだと考えているので、相手の意見を尊重しながら、こういう選択もあるのだと意見を伝えることが大切だと考えています。要するに相手の選択肢を増やすということです。

どうしても無理なときは?

どう対処しても無理だと判断したときは、自分が引き下がり相手と積極的に関わることをやめます。理由は、頑固な人と関係を持っていても時間と労力の無駄だと考えているからです。
そうすることで、僕は人間関係でストレスを感じたことはほとんどありませんでした。

モチベーションが上がる時・やってよかったと感じる時

僕がやってよかったと感じるときは、自分の行いや成果を褒めてくれたときや、感謝してもらえたとき、同じ志向性の人と切磋琢磨しているときです。

例えば、ブログの文章の構成がよく、読みやすいと褒めていただけたことや、サークル活動でリーダーをしてときに「ありがとう」や「お疲れ様」などの感謝の言葉をもらえたときにモチベーションが上がります。他には、同じ志向性の友達と一緒に活動しているときにモチベーションが上がります。

プログラミングのモチベーションが上がるときは、例えば、同じくらいのプログラミングスキルの人のアウトプットを見たときや、プログラミングの勉強会に参加した時、他には、友達に利用して貰うために成果物を作っているときにモチベーションが上がります。

モチベーションが上がった時の共通点としては、僕に対して感謝や共感、共に協力してくれる人がいたからだと考えています。

最後に

自分のモチベーションがどんなときに上がり、どんなときに下がるのかを知ることで自分自身をコントロールする力がつき、さらには他者との関係が良くなると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

テスト

テスト

-生活, 自己分析
-

Copyright© ナオキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.